WEBの市場調査はリアルタイムに一般人の情報を簡単に入手しやすいが長すぎないようにしないとならないこと

最近はやりのWEBでの市場調査を考える

WEBの市場調査は長すぎないように

最近はやりのWEBでの市場調査を考える WEBの市場調査というのは他の例えば紙の媒体などを介して意見を募る調査に比べてリアルタイムに不特定多数の意見を集めやすいという利点があります。またインターネットを介しているので、すぐに集めた意見をパソコンのソフトなどを介することで集計しやすいというメリットもあります。そのようなリアルタイムで意見を集めやすく集計がしやすい市場調査ですが、他の媒体と同様に質問の募り方に工夫をする必要があります。

そのWEBの市場調査でなぜ質問の募り方に気を付けないとならないかというと、それはアンケートの意見の数であります。その市場調査のためにはいろんなアンケートサイトがありまして、普段は数問程度で終わることが比較的多いのですが、時折非常に長時間と数多くの質問のアンケートが配信されることがあります。しかしその数多くの質問数のアンケートの場合では、あまりにも数が多すぎることで回答の途上で集中力が散漫になってしまっていい加減な意見になりやすくなってしまうデメリットがあるのです。特に自社と他社のサービスや製品比較に関してのアンケートなどでは似たような質問が何度も繰り返して継続するので回答者はまだ終わらんのかという心理状態にもなりかねなくもうええわと集中力を欠いた回答になりがちになります。そうなるとせっかくたくさんの質問と予算と手間をかけて意見を集めたにもかかわらず正確な意見を反映できない恐れが出てきます。なのでインターネットに限らずですが、市場調査の際には質問の数を作り過ぎず似たような質問を何度も繰り返さないなどの工夫をする必要があるのです。

お勧め情報