新たなニーズなどの市場調査をするにはここ最近はWEB上で行なわれることが多く代行するサービスも多くあります。

最近はやりのWEBでの市場調査を考える

市場のニーズを探るにWEBでの市場調査が活躍

最近はやりのWEBでの市場調査を考える 日本はかつて戦後においては焼け野原からのスタートでした。高度成長期を経て日本経済は世界第二位の経済大国にまで成長を遂げるようになったのです。ところがここ最近おいては新興国の台頭などから経済規模は世界第三位に転落しましたが、日本国内の市場は成熟しており従来どおりの製品やサービスでは目新しさもなくて、爆発的な流行やヒットも出てきません。製品やサービスを提供する企業側にとってもこれはなかなか難しい問題でもあり、従来の延長線上でのビジネスではもはや成長戦略を描けないばかりではなくて、現状を維持することも困難になりつつあるのです。そのため新たなニーズや求められているサービス・製品などを探るために力を入れているのが市場調査であり、最近ではインターネットを利用したWEBでの調査が盛んに行なわれています。

市場調査は企業にとっては大変に重要なことであり、これによって今後の進路を決定するのです。新規事業を手がけたり、新商品の開発の参考にもします。また従来の製品やサービスが本当に市場に受け入れられているのか、不便におもっていること、不満におもっていることはないのか、改善すべき点はどこにあるのか、などといった情報を収集するには市場で多くの声を集めてこそわかるものです。これをWEB上で行なえばより多くのユーザーの声を集めることができますし、ターゲットとしている特定の層のみの意見を集めることも比較的容易にできます。最近いおいてはインターネットでのこのような市場調査を代行するサービスも多くあり、参考になるのではないでしょうか。

お勧め情報